FC2ブログ

若狭・小浜市の釣り情報

若狭・小浜市の釣り情報。釣具屋「マーメイドつり具」が、春夏秋冬、季節を問わず旬の現地情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋の夜長 バラクーダNight

Barracudaの夜
バラクーダバックアップ無題
秋の夜長、あなたは何釣る人ぞ❔

20181001231752.jpg 普段は釣れる事のない『見えスズキ』、雨後のこの日は何故か入れパクに。(おおい町 大島漁港)


IMG_20181002_112717.jpg 気むずかし屋のスズキもこの日はカマスに乗せられたのか。


IMG_20180930_124839.jpg IMG_20181007_133040.jpg
秋の夜長、車を飛ばして辿り着いたのは上瀬漁港(高浜町)。
   狙いは早朝のショアージギング。
   何故か『シオ』の存在感が一段と大きい。


IMG_20181006_011240.jpg 秋の夜長にメラメラと・・・知らず知らずのうちに大炎上 🔥
   『これが最後の一投』と言ったのは1時間ほど前、帰りたいのに帰れない~ Barracuda-Night
IMG_20181009_003544.jpg


スポンサーサイト

PageTop

カマス&シーバス

ようやく秋の釣りスタートと言ったところです。

IMG_20180920_010215.jpg              IMG_20180920_233753.jpg
  カマスは田烏漁港と釣姫漁港が特に多い様です。
しかしながら、多いのはカマスだけではない様で、それ以上にエサ取りも多いのです。
銀ブクが『湧いて』います。 
             IMG_20180922_020950.jpg   IMG_20180922_005630.jpg
   対策としては---- ①フグがいない事を神様に祈る。
         ②ルアーやワームはロストすると被害が大きいのでエサ釣に変える。
         ③袖の長い針を使う。
         ④サンマの切り身などの安価なエサを使う。
         ⑤ショートロッド、ショートリグで手返し良く釣る。
         ⑥マゴチなど思わぬ大物が、という事もあるので仕掛けは3号以上で。
                                     等々。
 IMG_20180923_162522.jpg ハゼは甲ヶ崎海岸で良く上がっています。
マゴチが掛るのは稀ですがハネ、セイゴは頻繁に掛る事もあります。
新港のアジは小粒ながらも絶好調!
                      IMG_20180924_091501.jpg


あるANGLERのメモより~
 
            シーバスメモ

   北川河口での釣果メモと思われますが、何故か画像よりも現実味がある様です。
やはり、人知れず地元の名人は存在する。

 IMG_20180924_093443.jpg


 

PageTop

秋チヌ、シーバス前線通過中!

小浜新港では河川の増水により濁り気味ですがサビキ釣りでは小アジが良く釣れており時折、20㎝ぐらいのアオコ(ブリの幼魚)なども釣れています。
   他には15-20㎝のサヨリが釣れています。エサはアミエビでヌカとミックスした撒き餌が効果的です。
 

IMG_20180905_162157.jpg IMG_20180905_162210.jpg
せいぜい20㎝級のチンタぐらいだろう・・・と油断していると思わぬ大物で大慌てなどという事も。
  



北川河口ではハネ、スズキが好調です。ルアーでは50-85㎝が上がっています。
西津橋の橋脚周りがポイントで30分に一度ぐらい時合が来るようです。浅場なので水面下30㎝以内のフローティングかトップウォーターで狙う人が多い様です。

IMG_20180903_235156.jpg IMG_20180907_234910.jpg

甲ヶ崎海岸ではハゼが好調です。エサは石ゴカイでチョイ投げ、又はウキ釣りで15㎝ぐらいのものが入れ食い状態であるとの事です。
   時折、30㎝ぐらいのセイゴもかかるのでハリス切れに注意が必要です。

PageTop

猛暑の中、命懸けの名人たち

『豆アジを釣って大物狙い』なんて本当に上手くいくのだろうか? たまたま上手くいっただけなのでは?
などと思う人は多いのかも知れません。



20180718_201946_1531941231622_resized.jpg  20180718_202002_1531941232785_resized.jpg

7/18 小浜新港でD名人、猛暑の中で執念の1尾。
豆アジのエレベーター仕掛けでGET!
  


20180721_062133_1532122567463_resized.jpg   20180721_062114_1532122569947_resized.jpg
7/20 アタリは多かったのに上がったのはセイゴクラスが2尾だけだったと少し悔しそうなD名人でした。


20180622_063934_resized.jpg 1ヶ月ほど前には75㎝の大物を上げていました。
夜釣りでこれを狙うなら『アジのませ』に限らず、活きエビのウキ釣りでもOKという事です。



20180721_100413_1532137568853_resized.jpg  20180721_100614_1532137567656_resized.jpg 20180721_154000_resized.jpg
これが人気No1の魚なのかも知れません。
この暑さに関係があるのか否かは不明ですが、今年は50㎝オーバーのマゴチが良く上がっているとの事です。



20180723_122503_resized.jpg  20180723_124911_resized.jpg
夕方、南川河口で上がったという事です。
青イソメのウキ釣りでしたが、30㎝級のセイゴがほとんどであるという中で70㎝とは...


もう少しだけ涼しくなるのを待っている人は多い様です。
しかしながら、『この時期だからこそ❣』と命懸けの名人たちもいるのです。

PageTop

今季も無事に『根魚IN』   最強の魚とは?

<根魚IN!>
今季も厳しい冬となるのでしょうか?
それでも根魚は一層と健在の様で、11月の後半以後まずまずの釣果となっています。


20171126_234346.jpg                 20171126_234232.jpg

冬が待ち遠しく11月の終わり頃から狙い始めた様で、ルアーにワーム、青イソメにキビナゴ、そして時々投げサビキなどと
あの手この手で今も続いているという事です。




一層寒くなった12月ですが根魚ONLYという事なら小さめのクーラーボックスに入り切らないぐらいのカサゴやメバルが釣れる事もある様です。

20171208_150436.jpg             20171208_150241.jpg

                     20171229_150736_resized.jpg

『小さいけど良く釣れる所』と『同じ場所でも全然釣れない所』の境界線付近は狙い目という事もあるのでしょうか。
闇に紛れて黙々とやるなら良型が次々に釣れる事があります。
アナゴは1尾上がれば他にも何尾かいるのかも知れませんが冬場は釣り辛いので6月頃に狙ってみるのも良いかと思います。
身に脂がのって美味なのは冬場ですが。
有力情報のある所は泊漁港、堅海海岸、佐分利川河口などです。




20171224_005923_resized.jpg この手の魚をGetしようとするなら魚に人の気配を察知されない事です。
水面を照らしながら釣るというのは✖です。
50㎝級のタケノコメバルも夢じゃないかも知れません。




<最強の魚>
いかにも山奥で掘って来たのかなと思われるヒネた形の山芋。

山芋BLOG用

エフの付いた『それら』の行く先は青果市場ではなく魚市場であると言う。
-◎×△-氏が言うには『これらは山の中ではヤマメやトラウトなのだけど、人目に触れると山芋に変身してしまうのだ』とかで、まさに無敵‼
 


一年間大変お世話になりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。