若狭・小浜市の釣り情報

若狭・小浜市の釣り情報。釣具屋「マーメイドつり具」が、春夏秋冬、季節を問わず旬の現地情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今季も無事に『根魚IN』   最強の魚とは?

<根魚IN!>
今季も厳しい冬となるのでしょうか?
それでも根魚は一層と健在の様で、11月の後半以後まずまずの釣果となっています。


20171126_234346.jpg                 20171126_234232.jpg

冬が待ち遠しく11月の終わり頃から狙い始めた様で、ルアーにワーム、青イソメにキビナゴ、そして時々投げサビキなどと
あの手この手で今も続いているという事です。




一層寒くなった12月ですが根魚ONLYという事なら小さめのクーラーボックスに入り切らないぐらいのカサゴやメバルが釣れる事もある様です。

20171208_150436.jpg             20171208_150241.jpg

                     20171229_150736_resized.jpg

『小さいけど良く釣れる所』と『同じ場所でも全然釣れない所』の境界線付近は狙い目という事もあるのでしょうか。
闇に紛れて黙々とやるなら良型が次々に釣れる事があります。
アナゴは1尾上がれば他にも何尾かいるのかも知れませんが冬場は釣り辛いので6月頃に狙ってみるのも良いかと思います。
身に脂がのって美味なのは冬場ですが。
有力情報のある所は泊漁港、堅海海岸、佐分利川河口などです。




20171224_005923_resized.jpg この手の魚をGetしようとするなら魚に人の気配を察知されない事です。
水面を照らしながら釣るというのは✖です。
50㎝級のタケノコメバルも夢じゃないかも知れません。




<最強の魚>
いかにも山奥で掘って来たのかなと思われるヒネた形の山芋。

山芋BLOG用

エフの付いた『それら』の行く先は青果市場ではなく魚市場であると言う。
-◎×△-氏が言うには『これらは山の中ではヤマメやトラウトなのだけど、人目に触れると山芋に変身してしまうのだ』とかで、まさに無敵‼
 


一年間大変お世話になりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

PageTop

Night-Gameカマス---まさに悪魔の趣味!

『カマスなら釣れ出したらバタバタとくる』などと思っていたのですが…去年までとはかなり違うようです。
現在のところは2時間ぐらい粘っても1-2尾程度という事も多々あると言った状況です。
小アジにフグとエソは山盛りいるんですが…
 (♯`∧´)

タガラスツルベpoint そんな中でも田烏港周辺では幾分かは連続で釣れる事がある様です。
何故かテッパンの大島漁港や和田漁港が不調で今一つと思われていた所が好調となっているのです。


20171003_095803.jpg カマス狙いならキビナゴのキャスト&リーリングが最も功を奏している様に思います。
尖った口先を駆使して巧みにキビナゴを奪い取る彼ら、釣り人は段々と意地になり何時しか時を忘れハマり込んでしまう。


そして帰り道に思う

『釣れた数よりバラシした数の方が多かったに違いない』
『もっと釣れたはずだ!』

『釣られる前に釣ってしまいたい』…などと。



20171006_102911.jpg  これが悪魔の趣味 『Night-Gameカマス』 !
これからが本番で、近くのお山に雪が積もったら終わりです。




20171003_212139.jpg   20171003_235650.jpg 
たまに、こんな事もあれば絶対にハマります。


PageTop

名人たちのフィッシング 秋の始まり カマス編

20170927_183952.jpg --- 去年の今頃はもう3本は上げていたけど、今年はダメですなぁ。 ---

--- やっぱり10月の終わり頃からやで- ---  (どうやら、タチウオの話みたいです。)

--- サゴシもまだ早いなぁー カタクチが出始めてからやろなぁー。---

 --- スズキは暴れる時もあるけどアジの泳がせには掛からんでー。 ワイヤーがアカンのかもなぁ?---

--- ワームで上がっとるみたいやけど  70か80のが居るけどワームなんかやった事ないで無理や。---

 --- 単純に青イソメの方が良いかも知れんで... ---
           --- …で、 今夜はどうするん? ---
(多分、この後 おおい町の大島漁港横の岸壁へと向かったのかと思います。)



20170930_160654.jpg  上がったのはカマスONLY、何故か先ほどの話の中では話題として登場していなかったみたいですが…。
エサはカタクチイワシの塩漬けがBESTですが入手困難ならキビナゴでもOKだそうです。
もちろん、ワームフィッシングの好ターゲットでもあります。


20170930_160819.jpg  カマスと言っても2種類あるそうです。
見分け方のポイントには、色合いとか鱗の大きさとか他にもある様ですが、最も分かりやすいのはエラの横にある胸びれが腹びれに届くか否かだという事らしいです。
届けばアカカマス(本カマス)で届かなければヤマトカマス(水カマス)だという事です。
しかしながら、両方とも開いて干物にすれば美味なること間違いなしです。

PageTop

新たなるターゲット、救世主か脅威か? トラウトサーモン!

デカアジブームも終盤を迎えつつあった小浜新港のGWは魚の数より釣人の方が多かったと言っても過言ではないのかも知れません。

IMG_2128.jpg  IMG_2817.jpg
デカアジは数少ないものの豆アジに混ざり15-18㎝級が上がる様になってきたところです。



20170506_054215.jpg   20170506_054227.jpg
併せて黒鯛や根魚などを狙う人も増えつつあり 今後にご期待を! と言ったところです。




20170428_234705.jpg      20170428_234623.jpg

20170425_221527.jpg マダコとコウイカは4月中旬ごろからボチボチと上がっていたようで早くも初夏の香りが。
タコ仙人によれば今年は豊漁であろうと!
  



新たなるターゲット?

20170516_090306.jpg トラウトサーモンらしいです。
いづれ誰かが釣って来るであろうと期待していました。
5/16早朝、小浜新港の河口側岸壁でシーバスを狙っていたところSTOOPに襲いかかって来たのだという。


2016年12月6日03時00分の朝日新聞DIGITALによれば
《福井県はトラウトサーモンの養殖を始めた。今回は福井市、おおい町に続く3例目としてが小浜沖でも養殖いけすに稚魚が移された。
県は生産量日本一を目指しており来年5月(21017年5月)の出荷を予定している》
とあります。

そして釣人達の間では本年の4月ごろから
『マスの様な魚が佐分利川河口付近に集まっている』
『あれは養殖いけすから何らかの理由により放出されたサーモンがイサザを追って来ているのじゃないか?』
などと、まことしやかに囁かれていたのでした。

20170516_183027.jpg    20170516_182818.jpg
気になる鱗の下は?
鱗を取るとパーマークや朱点は無く薄らと見えたのはニジマスのトレードマークである虹色の帯でした。
降海型のスチィールヘッドを海で養殖したものなのか? 或いは何かとのハイブリッドなのか? よく分かりません。

さらに少しだけ気になる口の中、歯は鋭いのだろうか?
ニジマスやブラウンなどと同様に口だけではなく舌の上にも鋭い歯が並んでいるのです。

最も気になるのは胃袋の中。
20170516_200128.jpg 溶けかかったシラスの様なものや魚の骨の様なもの・・・何やらよく分らないものの中で明確だったのは『羽』。
昆虫の羽の様でした。
海に居ても昆虫を食べるとは・・・さすがにトラウト!

このトラウトは河を目指していたに違いない。
すでに多くが遡上しているのかも知れない。
釣人はこれを見逃さないであろう。
北川や南川そして佐分利川はゲームフィッシングを楽しむ人達で賑わい、川に親しむ子供たちも増えていくのかも知れません。
このトラウトが名産品のみならず『くだらない つまらない河』から脱出する為の『救世主』となってくれる事を願うところです。
併せて河川の生態系にとって『新たなる脅威』とならぬ事を!


PageTop

新港のデカアジは好釣続き! コウイカ 根魚も!

      小浜新港、好釣続き!
あのデカアジは今でも釣れ続いているのですが、なぜか新港だけが絶好釣のようです。


SIN120170408_042802.jpg      SIN220170408_042955.jpg

                 SIN3outlawIMG_1109.jpg

ごく最近ではチョット数が下降気味になって来たようですが、まだまだ行けそうです。


IMG_2092.jpg IMG_2095.jpg outlaw0412.jpg
イルカが入って来たとか悪天候が続いたなどという事もありますが、釣り人の数が急に増えたというのが大きいのかも知れません。




20170407_215441.jpg         20170415_152151.jpg
気候も良くなればエギングや波止際ねらいも面白くなる事でしょう。
大島漁港、和田漁港あたりが狙いやすいという事です。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。