FC2ブログ

若狭・小浜市の釣り情報

若狭・小浜市の釣り情報。釣具屋「マーメイドつり具」が、春夏秋冬、季節を問わず旬の現地情報をお届けします。

青物好調!

今期は今のところキス釣りは不釣気味、ボート釣りでも丸ボーズであったと言うのも、まんざらウソの話でもないようである。
何故かと聞かれても、「まだ水温が低い」と言うのが一般的な答えなのであろう。
そんな中、ちりとての浜に居たおいやん達のキス釣りの中に「答え」が見え隠れしているように思われた。


5.17ポツンと木村氏  5.17木村氏のポーズ 5.17 木村氏のbeatuifulキス 木村氏ちりとてのキス全部
ANG:木村氏 5/17、ちりとての浜にて。
大遠投(せいぜい30m位)の後、テンションは「ダラリ気味」。
4‐5分の間そのまま放置、アタリが無ければ5-6m巻いて、また放置する。
この時、テンションは、やはり「ダラリ気味」が良い。
これを数回繰り返し、また一からやる。
この動作を2本の竿を用いてやれば暇そうに見えても実はかなり忙しいらしい。
調子が良ければ半日で10尾ぐらい釣れる事もあるという。



ちるとておいやん エサはカキ バケツの中は?
バケツの中には、よく見ると良型のキス2尾が入っていた。
エサは、何と、現地調達のカキのむき身であったが、釣り方は先程の木村氏と全く同じやり方であった。


何れにせよ、「足より手を多く使った釣り方」「警戒心を少なくするためのダラリ釣方」「春先の釣りに有効なカキのむき身のエサ」などといったものは全て、まだキスの適水温に達していないと言うことを語っているのかもしれない


新港のイワシ 今年は特にこの手の小魚(イワシ)が多いようである。
小浜新港に限らず、どこの防波堤や漁港の岸壁などでもイワシが群れているようである。
こうなれば当然の事、狙いは青物ということになるのであろうか、マニア達は一斉にスタートを切ったようである。


出口名人のサゴシ サゴシ、52cm  
ANG:出口名人 5/26,小浜新港にてジギング。


板長と木村氏サゴシダツ サゴシ、51cm  ダツ、75cm
ANG:HAYAKAWA & KIMURA 5/26 小浜新港にてジギング。



SY君のサゴシ5・27 ANG:S/Y 5/27 小浜新港にてジギング。


そして、最近お馴染みの「松田名人」、今回も見せてくれました。
第三弾は、ついに「青物」となった。
しかも、ハマチ Yellowtail 小浜湾内の岸壁で釣れるとは・・・チョット一味違ったような気がする。


松田さんの第三弾 松田さんハマチgood!
釣り場は、何と おおい町は浦底の岸壁であった。
コアジ釣りに出かけたはずの氏であったが、何故かコアジの魚影は無かったらしい。
そして、水面にカモメがたむろしていたので、そこをジグに20号位のオタフクオモリを付け足して投げ込んだら1投目から掛かって来たと言う。
まだまだ当たりは続いていたが気が付いたらオモリだけで肝心のジグは何処かに飛んでいって無くなっていたので、欲張らずに帰ってきたという。
よく見えたような見えないような話ではあったが、要は、ジグを投げていた30分位の間は氏にとっては丸一日の釣よりも充実したものであったという事なのであろう。
(*´д`*)


<オフショアーへ>
鯛の乗っ込みに乗じて、やはりハマチ等の青物が活発である。
小鯛やハマチが100リットルのクーラーボックスにも入りきらないというような話も珍しくない と言ったところである


わかさ2から貰った魚 釣船「わかさⅡ」提供、ハマチと小鯛。
鯛と言っても、マダイとチダイの2種類あると言われていますが、区別つきますか? <(`^´)>


コマサとハマチ 釣船「わかさⅡ」提供、青物
下の小さい方は ヒラマサ(小政)。 (@_@。



バイキン号のハマチ 釣船「バイキンマン号」提供、ハマチ
もう、こうなったら魚屋さん状態、お陰様で連日ハマチの刺身を! 



魚拓展示 真鯛の展示魚拓up
白いショ-ウィンド-に赤が冴えている。
ここ最近のBig-One! 
真鯛 86cm
ANG:M/Kihira



スポンサーサイト

PageTop

大島半島の狙い目 

前回、出口名人が夜釣りのミオ筋狙いでカレイとキスを上げたという、あの大島漁港の防波堤が相変わらず「アツイ」!
しかも、今回の火付け役は、ここの住人と言っても良い「藤原名人」であった。


藤原君のメバ、スズ4.25 30-47cmのハネ3尾、20-25cmのメバル5尾
5/1 大島漁港の波止にて ANG;藤原

今日、この頃でも時合いが来ればボイルが始まると言う。そして、ワームか小型のミノーが有ればメバル、ハネの大釣りも夢ではないらしい。



この時期にしては珍しく、昼間からソコソコのアジが釣れている所があった。
おおい町は犬見の岸壁である。
そして、其処に目を付けたのは、京都市からやって来たMr.松田であった。


5月1日、第一回目の挑戦は・・・・

松田氏犬見一回目釣果  松田氏一回目の犬見 ・・・と大成功! (*´∀`*) 
そして、左手には・・・What's ?
「魚肉ソーセージー」が輝いていた・・・Why ? (*´д`)


当然のごとく、5月4日、二回目の挑戦を。
この日は大型スズキのバラシが有ったもののアジは好釣であった。


犬見港のアジ松田氏二回目  犬見漁港のアジ



これからの時期、凪ぎの日も多くなればチョットしたオフショアーに人気が出そうである。
小浜公園周辺の磯場一帯では魚影も濃い。


青井磯ボート釣り
5/9 ボート釣り  ANG:出口氏&芳賀氏

「やっぱり、飛び道具が要るよなぁー!」

PageTop