FC2ブログ

若狭・小浜市の釣り情報

若狭・小浜市の釣り情報。釣具屋「マーメイドつり具」が、春夏秋冬、季節を問わず旬の現地情報をお届けします。

シーバスロード起点は? 大ブレイクなるか!?

<シーバス~乱舞なるのか!?>
最近、北川河口がチョットだけ騒がしい。
ルアーなら西津橋の20mほど上流にある水門跡付近、エビ撒き釣りなら北川最下流の中学校裏テトラの周辺でハネ、セイゴ、スズキが上がっている。


浦谷君のスズキ 浦谷スズキアップ

6/11、北川河口(水門跡付近)にて。ANG. 浦谷
昼間のルアーフィッシングであった。60cmオーバーは2尾目、今後の期待も大きいようである。



カミさんスズキ 上さんスズキアップ
6/15、北川河口(水門跡付近)にて深夜のルアーフィッシング。
ANG. TEAM G.T.HOPE K/Kami
深夜の時間帯には目前でのボイルが数回有りバラシも連続したという。

20年ほど前には共にサクラマスを狙って吹雪の中、雪解けの北川や南川を彷徨い歩いた仲であった。
「それにしても、マスは厳しかったナァー こんな風には釣れなかったよナァー」などとスズキを見つめながら呟く上氏、
2人は共に30代であったあの頃「良き時代」を少し想い出し「あぁー 寒ゥー!」などと…


何かとスズキに関する情報も多くなってきている今日この頃である。
そして、北川や南川を「シーバスロードの起点」などと大袈裟に言ってしまった手前もある。
今年こそ 大ブレイク となって欲しいものである。 



<アジ、キス>
アジとキス、ファミリーフィッシングには無くてはならないもの。
正直言ってキスはそこそこ、アジは未だ今一つといったところである。


出口名人雑魚1 出口名人のキスである。
6/15、小浜新港にて・
最近では、小型ながらも数釣りが出来ることも多いと言う。
日没時の大スズキによるヒッタクリには要注意であるとも。


松田さんのデカアジ 松田氏とデカアジアップ
犬見港では相変わらず釣れているようである。
この場所の常連となってしまった松田氏である。
6/15、この日の釣果は、またもや凸凹・・・ [※#$*%;@!!?-]
このデカアジが釣れたのは早朝4:40頃、そのあと暫くはサビキが飛ばされっ放しであったという。


<チョット変わったもの>

藤原君のスルメ 6/9、大島漁港にて。
ANG 藤原名人  小魚を追っている為なのか、こういったスルメイカなども湾内に入っている事も有りうる。
過去には宇久や阿納の防波堤がマイカやヤリイカのエギングで賑わったこともあったのである。



伊藤君のカニ カニ作戦
小浜新港は遊覧船乗り場岸壁にてワタリガニ争奪戦が早くも勃発した模様である。
今のところは数名程度が渡り合っているようであるが、今後ポイント範囲が拡大するに連れて好事家たちが増大するであろうとの事である。
取り方はカゴ釣りが断然有利となるらしい。 by Itou


<美味なるもの、オフショアーより>

小鯛イサキ 鯛は食べ頃のサイズ。
イサキは今が旬のど真ん中といったところであろうか。
商売柄、時折こういった魚が手に入ることもある。
刺身に焼き魚、ついには自己流の寿司までも、料理の腕には関係なく「幸せな味」であった。
(わかさⅡ 上野船長の提供)
 小浜沖は、アサグリでのフカセ釣りで。


スポンサーサイト

PageTop

サワラの消えた海、そして新しい挑戦が!

WHERE THEY WENT
小浜新港の岸壁からサゴシが消えてしまったようである。
どうも、この間の台風から後のようである。

早朝のサゴシ狙い7 しかしながら、ルアーマン達のサゴシ狙いは後を絶たない。

伊藤のジャコキス 海はボチボチと回復しつつあるのであろうか、イワシは群れ始めている。ANG:凸凹Itou


5.27出口さんサゴシ 5/28、ANG:出口名人


okanoサゴシ75.29 5/29、ANG:岡野名人
台風前の釣果である。
また、このようにサゴシ争奪戦で賑わう時が来るのであろう。


サゴシとは反対に、南川、北川のスズキ狙いは活気付いてきたとも言える。

浦谷スズキアップ

浦谷スズキ魚拓 6/3 北川河口にてルアー、 ANG:浦谷

池田のエビまき 6/4 北川河口にてエビ撒き釣り。 ANG:池田

トミヤマ君のハネ 6/4 南川河口、竹原橋周辺にてルアー。ANG:Tomiyama


<アジ、キス前線>
小浜新港でのアジ釣りは今一つ、期待できるのは勢浜防波堤と犬見港、大島漁港一帯といったところである。
特に勢浜防波堤や犬見港(おおい町)では朝夕に限らず昼間においても通いつめる人も多い。


たじま氏アジ 犬見港の早朝狙い(6:30頃まで)では、そこそこの型が入れ食いになり、スズキの気配も濃くなってきているという。
ANG:Mr,TAJIMA


キス争奪戦は小浜新港周辺で展開しているようである。
最近では、特に一文字沖合いで喰いが荒いようである。(オフショアー)

土師さんキスget 6/8 小浜新港一文字沖合いにて。ANG:土師さん 

岸壁からの投げではボチボチ釣れる程度であるが、朝夕の時合いを狙えば2桁釣りも有りうるという。
凸凹itouキスゲッ。 6/4 小浜新港岸壁の投げ。 ANG:凸凹Itou


PageTop